« VOGUE の年間購読プレゼントと㊙ファイル・・・♪(* ̄m ̄) | トップページ | 明日は海の日・・・祖母の病院からの海 »

2006年7月16日 (日)

長い長い、、たわごとデス・・・・。(^_^.)

昨日は午後からずっと横になっていたこともあって、ずいぶんと体が楽になりました。
朝は元気な時には、おなかに目覚ましがはいっているように4時ごろには目が覚めるのですが、体が眠ることを望んでいたのでしょうね。。。今まで寝ていました。今日はまだ、うつらうつら本でも読みながら、一日過ごそうかな・・・とも思っています。。。

横になっていると、バタバタと仕事をしている時には思い出さない事も思い出しました。
インテリアの勉強を始めて、まだビジネスのことなんて、何一つ知らないのに、走り出して大失敗した20代の最後の年・・・。
それから、私を叱咤激励しながらも、支えてくれた仕事仲間・・・。

離婚後、経済的な自立をしなくてはと、両親の暖かい援助を振り切るように、家を出たこと。その後の辛い仕事。その中でも唯一の救いは人に恵まれたことかな。
先日写真をアップしたデザイナーなんて、顔は優しそうなくせに、もう私の幼稚さを、非難して怒鳴る、怒鳴る!
「貴方の取り巻きは、ここまで言わなかったと思いますけれどね!!」と言われ、腹が立って、こちらもガンガン言い返してよく怒鳴り合いになってました。。(-_-;) それまでどれほど甘いぬるま湯の中で、自分が高慢になっていたかを自覚する・・ww まあ、彼もわたしと同じく物事をはっきり口にする性格なので、二人で喧嘩をしだしたら止らなくなるけれども、苦言を言うことは、決して言う方こそ楽ではなくて、本当に私の事を心配してくれていたからこそ言ってくれていたということに気がつくには、数年もかかっちゃいました。。。今は恩返しを、彼の娘さんにしています。。^^
よく喧嘩の最後の最後は、結局年若い(?w)私が、口で負けて、
「ばか~~~~~~~~~~~!!」と言ってしまって、相手も唖然として、大笑いして終わったこと・・・。(~_~)

岡山での魅力的でワクワクしながらも、思い責任がのしかかった仕事。。
外で働くということは、こんなにも辛いことなんだと、、父の偉大さを思い知りつつ、点滴のお世話になりながら通勤した日々・・。

娘の思春期、、。自宅に戻ってネットで販売などをし始めて、この夏で4年。。その間に巡り合った、沢山の素敵なお客様・・。そして私自身の大失敗・・・。ひたすら謝るしかなかったこと。謝っても一度犯した間違えは消えないと悟った日のこと・・・。それでも、間違えを犯さない人間はいないのだからと半ば開き直って、関係の修復に努めた長かった時間。

ブログを書き始めて、1年半、、、。意気揚々とはじめたけれど、毎日のことだけに、更新自体が苦痛になったり、今思い返せばなんてことないコメントに、心を痛めたり、ぐずぐず考えあぐねたり、(ブログが原因ではないのですが)途中、精神的にボロボロになってしまった時期があって、そんな自分のことまでブログを通じて人様に醜態を晒してしまったり、その時に一緒になって自分のことのように考えてくれた人たちの気持ちが、どれほどありがたくて、今も感謝しているか、、、。
今年になってからは2ちゃんに晒されたり、その他もろもろの心無い嫌がらせにあったり、、その時、いろいろな解決法を教えてくれたり、励まし、支えてくれたブログ仲間・・・。

人間って、決して一人では生きていけないのですよね。
人間って、本当に弱くて愚かで、でも、だからこそ、愛すべき存在で・・・。
でも、以外としぶとくて強かったりもして・・・ww

40歳。。。人生折り返し地点・・・。
人との出会いほど、人との関係を築くことほど、私の人生で大きな意味をもっていることはないと思っている。
これから後半の人生、私はどんな人たちと共に生きていき、どんな新しい友人に出会えるのだろう。
お金なんて、もって墓場には入れないけれど、私が死ぬ時、唯一誇りに思えるのは、きっとこの人間関係ではないかと思う。


私は、若いときの自分に戻りたいとは思わない。20代の顔はシワもないけれど、何も人生の機微も知らず、のほほんとしていたあの頃の顔よりも、きっと今の自分の方が、良い顔をしていると思っている。

フランスの女優さんは、自分の顔に一本一本シワが刻まれていくことに誇りをもち、ハリウッドの女優さんが、シワ取りの整形をする事を非難している記事を読んだことがある。どちらが正しいとか間違っているという問題ではない。それぞれの価値観だから、どちらもO.Kだと思う。

ただ、私は、この40年間に、顔にも心にも刻まれたシワやヒダを、大切に愛しもうと思う。
今まで出会ったすべての人に、、、感謝しています。
ありがとう。

|

« VOGUE の年間購読プレゼントと㊙ファイル・・・♪(* ̄m ̄) | トップページ | 明日は海の日・・・祖母の病院からの海 »

コメント

結婚して子供が生まれてからは随分まともになったけど、若い頃の自分を振り返るとあまりにブザマな姿に忸怩たる思いです。
どれだけ人に迷惑をかけてきたことか・・・
大阪で会ったフランソワさんは、一生懸命生きてきた人しか持ち得ない美しさがありました。
友達として、ライバルとして、負けないように頑張るからね。

投稿: フランソワさんへ・・・Avantiヨシダの店長より | 2006年7月16日 (日) 12時05分

なんだか嬉しいコメントありがとうございます。<(_ _)>
ヨシダ店長ご夫妻と出会えたことは、本当に偶然で、また最初に出会ってからあっという間に現実でもお会いする機会が持てて。。。これを縁と呼ばずなんと呼ぶのでしょうね。。^^

若さというのは、恥ずかしいものですね・・。ww
まあ、恥ずかしいことがあっての人生。これもまた良し・・・です。(*^^)v

とても素敵なお褒めの言葉をいただきましたが、きっと今の時代に生きている人は、みんな誰もが、人には涙は見せなくても、なにかしら悩みも問題も抱えているし、頑張っていると思います。^^
「だ~~れもが~~、ウオウ、ウオウ~~~♪♪・・・・」ですね。ww続きは浜省のCD、聞いてください。(^^♪

こちらこそ、負けないように、がんばりますよ~~!!
今後ともよろしくお願いします。<(_ _)>


投稿: ★Avantiヨシダの店長さんへ・・・フランソワ | 2006年7月16日 (日) 12時27分

私ねぇ 「路地裏の少年」好きなの~
あれはちょっと歌えるのよ

昨日泣きすぎて目が腫れぼてですのよ
うはは

さださんの 「がんばらんば」を長崎の稲狭山で踊るべくDVD見てるけど全く身体がついてこない

痩せないしね
しかし これが現実 これが私

考える人って偉いわよ
振り返り今を見て明日も見て生きていくんだー

と 私も3時までもんもんと考えておりました

きれいな海よねぇ

ほんと良い財産がたくさんあるわね

蓬のあんこ饅頭を2.4.6・・6個食べたので
お腹いっぱい!

フランソワさんって A子さんね
陸奥A子さんだよー(A子が同じってことね)
って ひとりで笑いました

投稿: しとろん | 2006年7月16日 (日) 16時07分

久しぶりにコメントいただき、嬉しいです。しとろんさんも、いつも頑張ってるよね~。頑張りすぎだよ~~!
っで、「がんばらんば」の踊りの練習をしているの??ww そういえば、一度テレビで見ました。さださんも相変わらずお元気よね~~。あの方といい、浜省といい、団塊の世代(?)の人は戦後の日本を支えてきた人たちだから、本当に強くて優しいよね。。^^

私も、なんだか今日はボーとするとすぐ自己嫌悪に陥って、自ら負のオーラを発するので、なんだかしつこく記事をアップしてしまいました。

>しかし これが現実 これが私
このしとろんさんの言葉は、私も身に沁みるよ・・・。
やはり元気で、忙しく、あんまり考える時間がないくらいがいいのかもよ。。。(-_-;)

そうそう、私もA子です。。ww
今朝、A子たんの付録のレターセット見つけました・・・。私も物が捨てられないだよ~~~!(^_^.)

暑いけれど、お互いに体を大切にしようね。。^^


投稿: ★しとろんさんへ・・・フランソワ | 2006年7月16日 (日) 19時52分

ローマの休日で有名な オードリー・ヘェッブバーンは 女優引退後 体を癌に虫ばれながらもアフリカの子どもたちの生活支援に 一生を捧げたと聞きます。元女優という顔のしわを整形することはせず そのままの自分の姿 生き方を大切にしたと聞きます。
四国でえん罪で死刑となった老婦人が 再審請求で無罪を勝ち取ったとき「うそをついた人をどう思いますか」というインタビューに 「だれもうらまない どんな死に方をするかが 問題です。(人を恨んで死んでいきたくない)」というような返答をされたことを記憶しています。ずいぶん前の出来事で 正しく伝えられませんが 印象に残っている言葉です。他人を傷つけず うそをつかず ありのままの自分の生き方をすることが 大切なのですね。 

投稿: ことぶき | 2006年7月17日 (月) 01時48分

オードリーの老いた顔を、見たくなかったという人たちもいます。でも、私はとても美しいと思っています。

>他人を傷つけず うそをつかず ありのままの自分の生き方をすることが 大切なのですね。 

先生、私は他人を傷つけ、ウソもいっぱいついて生きてきました。そうしないようにとは思うのですが、私の愚かさは、なかなか治りません。

でも、一生の中で人を傷つけず、うそもつかなかった人っているのでしょうか?開き直るわけではありませんが、それこそ高慢でウソにようにも思います。人を傷つけたことに気がつかなかっただけのように思います。

私は毎日、毎日、反省する事ばかりの日々ですが、これが現実の私。。。情けないです。

投稿: ★ことぶき先生へ・・・フランソワより | 2006年7月17日 (月) 05時06分

「他人を傷つけず うそをつかず」
自分の利益しか考えない生き方では まわりから指示されなく 信頼できる人もできないと思います。相手の立場になった時 嘘は必要な場合もありますね。私も 半年あまり 妻に嘘を続けたことがあります。妻が幼いときより 兄のように慕っていた遠縁となる人が 旅の帰りに 私の家に寄ったことがありました。それから 一ヶ月後の早朝 自宅トイレで急性肺炎で亡くなりました。妻は妊娠三ヶ月(長男)でした。精神的なショックを考えて 長男が誕生するまで黙っておこうと親族で決めました。いい嘘だったのか わかりません。語ったときに 流した涙以外 妻は今も語ろうとしません。10年後 熊本にあるお墓参りには家族(5人)で行きました。「ここに ○○兄ちゃんいるのね」それが 兄と慕う人のことについて語ったのは 始めで 最後の言葉でした。私も触れることは ありません。人は いろいろな人の支えがないと 生きていかれないと思います。気付かない場合が 多いのかもしれません。気付こうとする心・態度が ある限り 生き方に賛同 感動する人もふえるのでは。と思ってます。フランソワさんの周りには フランソワさんをまるごと 受け止められる人が多くいると思います。人柄・生き方に 共感する人がいることは 確かだと思います。娘・妻もその一人ですよ。

投稿: ことぶき | 2006年7月17日 (月) 09時00分

よいお話をきかせていただきました。ご夫婦でもそうやって思いやって生活されているのですね・・・。感動です。

私が最近はまって読み続けていた宮本輝さんのエッセイの中に、(詳細は忘れましたが、)
「嘘には二通りある。一つは自分のプライドのためにつく嘘。もう一つは他者を思いやってつく嘘。前者の嘘をつく人とは一緒に生活はできない。。。」というような内容でした。
まさに先生のは、他者を思いやっての嘘ですよね。つい人間って、自分のプライドのために小さい嘘を重ねてしまうもの・・・。でも、これは逆にお互いのコミュニケーションをすごく妨げるのだと思います。

>フランソワさんの周りには フランソワさんをまるごと 受け止められる人が多くいると思います。
そうなんです!先生!昔は結構格好つけていたのですけれどね。もう年をとるごとに、他人にどう思われるかよりも、自分がどれほど自然に自分らしくいられるかを考えるようになりました。自分自身も楽になりましたし、周りも楽になったのではないかと思います。それにそうやって自分のダメダメな部分も見せることで、心を許せる友人が増えたように思います。

先生、連休ですか?
度々コメントをいただいて嬉しかったです。もう一日ゆっくり休んでくださいませ。<(_ _)>

投稿: ★ことぶき先生へ・・・フランソワより | 2006年7月17日 (月) 11時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« VOGUE の年間購読プレゼントと㊙ファイル・・・♪(* ̄m ̄) | トップページ | 明日は海の日・・・祖母の病院からの海 »